あふれる舞人生

あふれる舞人生

児を産んでき

 昼食後、ルティシアの隣にはマルクスとリシャウェルがいた。
 楽しげな会話に主語がなく、はっきりとは分からないが、リシャウェルが本を持っているようだから、恐らく童話を読んでくれるのだろう激光去印價錢
 ちょこんと隣に座るマルクスの体温が、服越しに伝わってくる。
 温かい存在じたいがもう可愛らしく、気づけば我が子に想いを馳せていた。
 ルティシアはこれまで四人の男た。無事に生きて成長していれば、長男は十五歳、次男は十歳、三男は七歳、四男は四歳になっている。
 アージェスの話だと、皆、孤児院からすぐに里親に引き取られて元気にしているとのことだ。
 想起のたびに、胸が苦しく、辛く悲しくなったが、後悔はしていない。無理に手元において、彼らに何かあったときのことを考えると、心底手離して良かったと納得している。けれど、こうして子供達に囲まれていると、我が子と過ごすことのできるエミーナが無性に羨ましくなった。
 
 無意識に手が伸びて、柔らかな髪に触れ、小さな頭を撫でた。
 撫でているうちにマルクスが振り返って、ルティシアにぺたりと抱きついてくる。
 懐いてもらえるといっそう愛おしく、小さな背を優しく撫でた。 

 アルドリス家の今回の恒例行事には、エミーナと使用人の他に、子供達は五人いた。
 成人を過ぎた娘が二人と、まだ幼い三人の子供達だった。
 使用人たちと一緒に、大勢で昼食を取った後、エミーナは二人の娘と使用人を連れて、管理の為、敷地内の確認作業に向かった隆胸手術
 男児の中では最年長のロベルトは、料理番を連れて朝から狩りに出ている。なんでも近くで鹿が獲れるらしく、夕食にルティシアに振舞いたいと、張り切っていた。
 残る二人の子供達は、昼食を終えるといつの間にかどこかへ行っていた。
 エミーナは下の二人がいなくなっても特に気にする様子もなく、「すぐに戻ってくるわよ」と、楽観的に言い残して管理の仕事に行ってしまった。
 さすがは肝っ玉母さん。
 ルティシアはそれでいいのかと心配になりつつも、ファーミアと談話室に移動した。侍女がお茶の用意をしにいく間、しばらく一人でいた。
 そこへ二人の子供たちがやってきたのだ。
 幼く拙い音読だったが、それこそが新鮮で、癒されるようだった。
 穏やかな時間が過ぎていく。

「読むのが上手ね。とっても聞きやすかったわ。ありがとう」 

 物語を最後まで読んでくれたリシャウェルにお礼を言うと、無言で椅子から下りたSmarTone寬頻
 どうしたのかと怪訝に思っていると、マルクスがいる反対側に来て、ルティシアの膝に甘えるように頭をつけた。
 もう片手で、労わるようにリシャウェルの頭を撫でてやる。

「頑張って読んでくれたものね、立派な兄上だわ」

「あらあら、お戻りになったと思ったら、もうお昼寝されているんですか?」

 戻ってきたファーミアが声をかけると、リシャウェルが体を起こした。