Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

あふれる舞人生

あふれる舞人生

るとくない

どなたかが引っ張り出してきてくれた、3年前に書いた自分のブログ記事を読んだ。
老化 韓國 食譜に対する不安に脅えているかんじだった・・・が。
3年経つと、けっこう堂々としてきている。

動物、植物、・・・生物は年を取るのである。人間だけが例外ではない。
自然の摂理に逆らおうとするのは、悪あがきだ。
自分の老いの現実を認めた人を見、気持ちはわからないでもないが、
人に言われて気が付くのではなく、はやく自分で気づいてくれたほうが、見苦しくなくてよい。
わたしは、みっともないと感じる。
もっと現実を素直に受け止めると楽になる。

科学の進歩で、老化はスローダウンしているものの、究極のところは同じである。

かといって、あまり、年寄りじみているのは、自分の将来として、好きになれない。
理想の年寄りというものがある。

若い人と年寄りでは、世代ギャップがある。
若い人は、年寄りを理解できないだろう。
しかし、年寄りは、昔、若かったので、自分のことを振り返ると、若者を理解できる。
理解は韓國 食譜相互ではなく、一方通行になるので、年寄りのほうが、損だ。


土曜日の夜、都心の、ある開放されたスペース。
電車の大きな主要駅の真上に、風通しのよい、憩いの場がある。
そこには、若い人ばかりがいた。
年寄りは、ゼロ。
なんで、こんなに偏っているのだろう、とわたしは不思議だった。

年寄りは、いずこに?
年寄りは、毎日、日曜日なので、なにも土曜日に、しかもわざわざ夜に、都心には出てこないのだろう。
その時間帯は、家にいて、そろそろお休みの時間。
わいわい集団で楽しむグループも、そんな日時には、とっくに解散しているのだろう。

一方、平日の、都心、あるいは、主要駅近くにある、ダンス会場。
参加している男性(年配)が、嘆く。
「いったい、若い女性は、どこに行っているんだ? なぜ、ここには、一人もいない?」
これには、笑えた。
ある意味、悲痛な叫びである。

世代によって、出没する場所が違うようだ。
同じ時間帯でも、お店が2軒並んでいたとすると、1軒は、若い女性ばかり、もう1軒は韓國食譜、おっさんばかり。
まったく交わらない。
この傾向は、なんだろう。
嗜好が違うからか。

しかし、年寄りばかり、という店は、あまりないように思う。
なかには、そんな店もあるが。都心には見かけない。
都心には刺激があり、若者は刺激を求めるが、年寄りは刺激より、安らぎを求めるのだろう。