あふれる舞人生

あふれる舞人生

は逆の効果を発揮

本来、霊力というのは呪いなどの怪奇障害に対して、抵抗力として働くものなのじゃ。無論完璧に防げるものでは無いが、それでも霊力が高ければ高い程、そうした障害に対する耐性が強い事に代わりはない。つまり本来ならばお主のように霊力の高い者は時間的猶予がもっとあって然るべきなのじゃ。じゃが、その呪いは本来抵抗力となる筈のお主の霊力を逆に利用して効力を増しておる。故に霊力が強ければ強い程供給されるエネルギーが多くなってしまう為、本来としてしまっておるのじゃよ。おまけに本来抵抗力に割り当てられるはずの霊力が呪いに吸われる分少なくなるわけじゃから、更にその効果は著明。故に呪いの強力化と抵抗力の低下というダブル効果でお主の余命は極端に短くなっとるというわけじゃよ」
 なるほど、俺は小さく頷いた。要するに霊力が強い者ぼど呪いが強力になり、死ぬのもまた早くなると言うわけか。まさに一石二鳥って感じだ。なんて洗礼された恐ろしい呪いなのだろう。あの一つ目妖怪の野郎はあんな知能低そうな形をしていた割に、呪いに相当精通した頭の切れる奴だったというわけだ。
「いや、そうとも限らんのじゃ……」
 得心する俺にたまもは渋い顔で異議を唱えると、どっかりと椅子の背に凭れかかった。
「実はこの呪い、複雑な術式プログラムを組み込み高度化している割に殺傷能力自体は然程でもないのじゃ。それにこれだけ複雑な構造の呪いとなると初期起動はもちろん発動を維持するだけでも相当量のエネルギーが必要になる。相手の霊力にそれら全てを依存するというのは余りにも無謀なんじゃよ。何せ皆が皆、強力な霊力を持っているとは限らん。はっきり言ってここまで複雑だと、少し霊感が強い程度では発動に漕ぎ着けんし、発動したとしても相手が並みの霊媒師レベルでは殺害に至るまでの効果は得られんじゃろう。つまり手間のわりに高確率で不発に終わってしまうっちゅう代物じゃ。こんな欠陥品とも言える非効率的な術式をわざわざ呪術精通者が好き好んで使うとも思えんのじゃよ」

効果を発揮し

本来、霊力というのは呪いなどの怪奇障害に対して、抵抗力として働くものなのじゃ。無論完璧に防げるものでは無いが、それでも霊力が高ければ高い程、そうした障害に対する耐性が強い事に代わりはない。つまり本来ならばお主のように霊力の高い者は時間的猶予がもっとあって然るべきなのじゃ。じゃが、その呪いは本来抵抗力となる筈のお主の霊力を逆に利用して効力を増しておる。故に霊力が強ければ強い程供給されるエネルギーが多くなってしまう為、本来とは逆のてしまっておるのじゃよ改善失眠。おまけに本来抵抗力に割り当てられるはずの霊力が呪いに吸われる分少なくなるわけじゃから、更にその効果は著明。故に呪いの強力化と抵抗力の低下というダブル効果でお主の余命は極端に短くなっとるというわけじゃよ」
 なるほど、俺は小さく頷いた。要するに霊力が強い者ぼど呪いが強力になり、死ぬのもまた早くなると言うわけか。まさに一石二鳥って感じだ。なんて洗礼された恐ろしい呪いなのだろう。あの一つ目妖怪の野郎はあんな知能低そうな形をしていた割に、呪いに相当精通した頭の切れる奴だったというわけだ。
「いや、そうとも限らんのじゃ……」
 得心する俺にたまもは渋い顔で異議を唱えると、どっかりと椅子の背に凭れかかった微量元素
「実はこの呪い、複雑な術式プログラムを組み込み高度化している割に殺傷能力自体は然程でもないのじゃ。それにこれだけ複雑な構造の呪いとなると初期起動はもちろん発動を維持するだけでも相当量のエネルギーが必要になる。相手の霊力にそれら全てを依存するというのは余りにも無謀なんじゃよ。何せ皆が皆、強力な霊力を持っているとは限らん。はっきり言ってここまで複雑だと、少し霊感が強い程度では発動に漕ぎ着けんし、発動したとしても相手が並みの霊媒師レベルでは殺害に至るまでの効果は得られんじゃろう。つまり手間のわりに高確率で不発に終わってしまうっちゅう代物じゃ。こんな欠陥品とも言える非効率的な術式をわざわざ呪術精通者が好き好んで使うとも思えんのじゃよ」
「なるほど」と俺はとりあえず相槌を打つ精子健康

た重大問題であ

 では俺は何に腹を立てていたのか。それは言うまでもなく、たまもにであった。
 それは遡ること、俺達ふたりがこの喫茶店の出入り口ドアを潜って間もない時から始まっていた。
 狐というものは遠慮という言葉をしらないのか、はたまた白面金毛九尾というものがそうなのか。このたまもときたら、学生アルバイト風のウェイトレスから窓際のテーブル席に案内されるや否や、そのメニューを物色し次々と注文。あっという間にテーブルの上を各種料理で埋め尽くさせてしまったのである。それこそ一分の迷いもないといった感じで謝偉業醫生
 一介の高校生でしかない俺がこの支払を賄うと考えたら、これは由々しき事態である。この時点で既に俺の胸中では火種が燻り始めていた。とは言え、それでもこれは自分の命が掛かっる。命の重みと財布の重さ、どちらが大事かと言えば、やはり命である。時にそれが問題解決に必要な経費であるならば、財布の紐を緩めるのも必要不可欠な生きる術である。つまりは、これはきっかけに過ぎず真に問題があったのは、このあとの事であったのだ謝偉業醫生
 品物の数々を運んできたウェイトレスが少し疲れた様子で軽くお辞儀をしてはけて行くのをよそに、たまもはもしゃもしゃと食事を開始した。彼女の食べっぷりは、それはもう見事なものであり、育ち盛りの屈強な体育会系男子でも完食は難しいと思われる量の料理の数々を見る見るうちに平らげていく。完食まで、まさにあっという間の出来事であった。満足そうに腹を擦りながら「ふぃ~」と息を洩らすその姿にはある種の貫禄さえ備わって見えたくらいだ。
 そして問題が起こった。正確には問題発言があったと言うべきか。
「あ、そうそう。その呪いじゃが、妾にはどうにも出来ん」
 不意にたまもがそう言いやがったのだ。それは唇をナポリタンのトマトソースでテカらせながら、事のついでのような言いっぷりだった。
 俺は事態を呑み込めず、呑み込みたくなく、暫く沈黙。ようやく口をついて出たのが「いま何と?」であった劉芷欣醫生
「いや、じゃから。お主の呪いは、妾にはどうにも出来ぬのよ。あっはっはっ」
 返って来たのは呑気に高笑いまで見せるたまもの姿。実に不届き千万である。流石に眉根を寄せて荒ぶらずにはいられなかった。
 かくして俺は一旦気持ちを落ち着かせるため、ティーカップに手を伸ばしていたわけだ。

奈子は満員電車で縮んだ

 入口脇のレジで朝食を買った美奈子は、奥の四人掛けの席に腰を下ろした。両手を上げ、大きく足の先まで伸びをした。美奈子が身に着けている黒いカーディガンの網目は、動きに合わせて一直線に並んだ。胸の辺りのピンクのバラの絵柄も大きく広がった去皺紋方法
 窓際に座っている真新しい黒いスーツを着たOLは、目を輝かせて赤い携帯電話でメールを読んでいる。まだ学生の香りが半分くらい残っているようにも見えた。美奈子は四年前の自分に姿を重ね、夢と希望で満ち溢れていた頃を懐かしんだ。
 中央の大きな円卓には、よれよれのスーツを着た数人のサラリーマンが腰を掛けている。皆、眠そうで、ぼうっとコーヒーを飲んでいる。所々から、タバコの煙が上がり、店内は朝靄に包まれるようだった。
そうした光景を眺めながら、美体をほぐす。そこはお気に入りの席だった。店内全体が見渡せ、気持ちも大海原のようになるからだSmarTone 上網
 美奈子はキャラメルラテを飲みながら、頬を大きく膨らませ、ナポレオンパイを味わった。ふわふわのクリームに包まった紅色の野いちごの甘酸っぱい香りが、口中一杯にぷわりと流れる。至福の一時が全身を駆け抜ける。美奈子の朝は毎日そうして始まった。
 スイーツのほど良い甘さが脳細胞の隅々までに行き渡ると、美奈子の寝ぼけた頭は目を覚ました。
 デザイナーは頭の中でイメージを大きく膨らますのが仕事だった。脳をフル回転させる状態を保たないといけない。だから、糖分を補給することは、良いウォーミングアップになる。そう納得することが、朝からスイーツを堂々と頬張る美奈子の大儀名分だったdermes 投訴
 ナポレオンパイを片づけた美奈子は、漸く手に入れた薄ピンクのスタールビーを眺めた。頬を伸ばしながら右手を少し上げ、天井の明かりに透かしてみた。六条の煌きが美奈子の瞳を撫でる。胸中に一粒の幸せが拡散した。喜びの余韻に酔いしれながら、優雅にラテを口につける。その流れを何回も繰り返し、心をピンポン玉のように弾ませ、月曜日の早めの朝を浮き浮きと楽しんだ。
 美奈子は六条の煌きを見るうちに、占いの館の老婆の言葉を思い出した。「彼氏からアプローチしてくるようになる」という言葉だった。

幸せだと感じれば

息が思うように吸えない。手が、身体が勝手に硬直していく。
 ルティシアはその恐怖に耐えながら首を振った。

「わたしが悪いのっ……わたしなんかがいるからみんな不幸になるっ……いずれ陛下も……この子もっ」

 母で、逞しく、ルティシアが不器用で上手くできなくても、大丈夫と温かく励ましてくれたエミーナ。
 ルティシアは血を吐くような苦しさで吐露する。

 エミーナが、乗り出して、ルティシアの肩をぎゅっと抱きしめるSIAX 瘦面

「違う。あなたが悪いんじゃないの。人には人それぞれの運命というものがあるのよ。誰かがどれほど願って、貶めても、誰にもその人の幸、不幸を左右することなんてできないの。その人がどれほど苦境にあっても、幸せなのよ。思い出して。……あなた私に言ったじゃない。こんなところに閉じ込められて逃げ出したくならないのって、私が聞いたら、あなたなんて答えたか覚えてる?」

 十五年も前のことだ。
 ルティシアが初めて子を生むときに、エミーナが手伝いに来てくれた。出産前から泊り込みで来てくれて、楽しい話でルティシアの緊張をほぐしてくれた。
 そんなルティシアに、エミーナが聞いたのだ。
 ルティシアはこう答えた狗糧牌子

「『そんなこと考えたこともないわ。私は幸せよ。だって、陛下やファーミア、あなたやここにいる人たちがとても優しくしてくれるもの。陛下が許してくださる限り、私はここにいたい。それに、陛下のお子をもったいなくも、私などがこうして生むことを許していただけるのよ。これほど幸せなことはないわ』」

 一言一句忘れてなどいない。何度も何度も同じことを思い、幸せを感じた。
 エミーナから見れば幸せそうには見えないかもしれないが、ルティシアは自分が不幸などとはほんの少しも思っていない。
 
「今でも私はそう思っているわ」

 話すうちにいつの間にか硬直は解けたが、手の震えは止まらない。

 宥めるように、エミーナがルティシアの背を優しく撫でる大學 聯 招 放榜 日期

「それでいいのよ。その幸せは、誰にも奪えない。誰にも邪魔できないあなただけの想いよ。でも世の中にはどれだけ恵まれていても、幸せを幸せと感じられない人もいるの。それを人のせいにする人だっているの。あなただって本当は分かっているはずよ。誰かを傷つけるような力なんてあなたにはないことを。そうでしょう?」

 ルティシアは震える口元で紡ぐ。

「ええ、私は何もしていないわ。ご側妃が身篭ってらっしゃることも、知らなかったんだもの」

「知らなければ、たとえ誰かを傷つける力があってもできないことだわ。だからあなたのせいじゃない。自分が守れず子が流れたのを、あなたのせいにしているだけなのよ。心が弱いから、誰かのせいにしなければ自分を保てないのよ。大丈夫、陛下もちゃんと分かってらっしゃるから」

 『陛下』

児を産んでき

 昼食後、ルティシアの隣にはマルクスとリシャウェルがいた。
 楽しげな会話に主語がなく、はっきりとは分からないが、リシャウェルが本を持っているようだから、恐らく童話を読んでくれるのだろう激光去印價錢
 ちょこんと隣に座るマルクスの体温が、服越しに伝わってくる。
 温かい存在じたいがもう可愛らしく、気づけば我が子に想いを馳せていた。
 ルティシアはこれまで四人の男た。無事に生きて成長していれば、長男は十五歳、次男は十歳、三男は七歳、四男は四歳になっている。
 アージェスの話だと、皆、孤児院からすぐに里親に引き取られて元気にしているとのことだ。
 想起のたびに、胸が苦しく、辛く悲しくなったが、後悔はしていない。無理に手元において、彼らに何かあったときのことを考えると、心底手離して良かったと納得している。けれど、こうして子供達に囲まれていると、我が子と過ごすことのできるエミーナが無性に羨ましくなった。
 
 無意識に手が伸びて、柔らかな髪に触れ、小さな頭を撫でた。
 撫でているうちにマルクスが振り返って、ルティシアにぺたりと抱きついてくる。
 懐いてもらえるといっそう愛おしく、小さな背を優しく撫でた。 

 アルドリス家の今回の恒例行事には、エミーナと使用人の他に、子供達は五人いた。
 成人を過ぎた娘が二人と、まだ幼い三人の子供達だった。
 使用人たちと一緒に、大勢で昼食を取った後、エミーナは二人の娘と使用人を連れて、管理の為、敷地内の確認作業に向かった隆胸手術
 男児の中では最年長のロベルトは、料理番を連れて朝から狩りに出ている。なんでも近くで鹿が獲れるらしく、夕食にルティシアに振舞いたいと、張り切っていた。
 残る二人の子供達は、昼食を終えるといつの間にかどこかへ行っていた。
 エミーナは下の二人がいなくなっても特に気にする様子もなく、「すぐに戻ってくるわよ」と、楽観的に言い残して管理の仕事に行ってしまった。
 さすがは肝っ玉母さん。
 ルティシアはそれでいいのかと心配になりつつも、ファーミアと談話室に移動した。侍女がお茶の用意をしにいく間、しばらく一人でいた。
 そこへ二人の子供たちがやってきたのだ。
 幼く拙い音読だったが、それこそが新鮮で、癒されるようだった。
 穏やかな時間が過ぎていく。

「読むのが上手ね。とっても聞きやすかったわ。ありがとう」 

 物語を最後まで読んでくれたリシャウェルにお礼を言うと、無言で椅子から下りたSmarTone寬頻
 どうしたのかと怪訝に思っていると、マルクスがいる反対側に来て、ルティシアの膝に甘えるように頭をつけた。
 もう片手で、労わるようにリシャウェルの頭を撫でてやる。

「頑張って読んでくれたものね、立派な兄上だわ」

「あらあら、お戻りになったと思ったら、もうお昼寝されているんですか?」

 戻ってきたファーミアが声をかけると、リシャウェルが体を起こした。

蔡英文年改真相:老百姓交更多卻拿更少 各階層均不滿

  圖為3月間退休警消人員向前往台北忠烈祠春祭的蔡英文跪地陳情。(圖片來源:台灣《中時電子報》)

  在島內引發廣泛爭議的年金改革被台灣地區領導人蔡英文視為就任周年最需兌現的政見。蔡不僅親自拍板,甚至親上火線反擊。台灣《中國時報》報導指出,台當局打著“世代正義”旗幟,端出來方案卻遭軍公教大罵,被視為受益者的年輕族群也不埋單,連勞工都痛批基本保障都不給,原在為蔡當局加分的年金改革,卻成為引爆軍、公、教、勞各族群不滿的炸彈,掀起漫天烽火。

  鑽程式空子

  在麵對台灣各階層民眾的抗議時,民進黨當局不但未有反思之意,且準備利用程式,暗渡陳倉。在民進黨團強勢推動下,“立法院”這兩周連續初審通過年金改革最重要的“公務人員退休撫恤法”、“公立學校教職員退休資遣撫恤條例”兩大修正草案Neo skin lab 美容騙子

  雖然關鍵條文皆保留朝野協商,但民進黨在策略上卻是“以退為進”,因為修正草案隻要送出委員會,1個月冷凍期一過,就可以交付表決,以民進黨在“立院”的優勢席位,應可完成“立法”。

  交更多卻可能拿不到

  但是這樣就算兌現了蔡英文的年改支票嗎?回到2015年12月,參選領導人的蔡英文開出“年金永續計畫”支票。蔡英文承諾,會找出可團結社會的改革手段,“團結社會,而不是造成社會分裂對立”,“不要急著訂出一個特定方案,然後用政治力量去強推”,結果呢you beauty 陷阱

  在科技業上班的楊晉文氣憤地說,本來以為改革之後,勞工的退休待遇可以變好,慢慢拉近和軍公教的距離,誰知道竟然愈改愈差,“說什麼不虞匱乏!勞工是次等公民嗎?軍公教有最低生活保障的樓地板設計,我們勞工愈繳愈多,卻連基本生活保障都沒有。”

  原本“銓敘部”估算,改革後台當局與各縣市節省的經費可挹注退撫基金,使得破產年限可以從2031年延後到2044年。但在“立院”初審時,卻被“綠委”修改,縣市節省下來的錢,不必挹注退撫基金,使得基金破產年限提前到2037年左右,折騰了半天,基金隻延後6年破產。

  今年剛要畢業進入社會的林子平訝異,“那意思不就是說,我們繳得比以前的人要多,但還沒等到我們退休,基金就破產了嗎?”

  民調五成不滿

  其實,多數民眾都贊成年金必需有所改革,但根據旺旺中時民調中心進行“蔡英文滿周年調查”,民眾對蔡處理年金改革的表現,有49.7%表示不滿意,滿意者僅37.4%you beauty 黑店

  一位歷任多次年金改革的“銓敘部”官員不諱言,蔡太急於端出成績而疏忽了配套,過去馬推年金改革,同時提出“三層年金”的構想,讓新進公務員可以透過“自提”為年老時提供更多保障,但這次的改革卻隻考量到基金的財務麵。

  當初的蔡英文痛批馬“急著訂出一個特定方案,然後用政治力量去強推”,但現在看來,卻像是在說自己。蔡英文上任即將屆滿一周年,年金改革案或許能夠通過,但蔡英文的年金改革支票,在台灣民眾眼中,恐怕不算兌現。

原文地址:http://www.imastv.com/news/taiwan/2017-5-14/news_content_161667.shtml